子宝どっとこむ

 

 検見川浜、蘇我

  • Jun282004
  • Author: Vulcan
  • Categories: 住居

土曜日は検見川浜のPROUD検見川浜、日曜日は蘇我のスイーティアのモデルルームを見に行きました。

検見川浜は隣の駅で馴染みがありますが、周りに公団の今風ではない団地が林立しており、かなり殺風景な感じがします。しかしながら、駅前には商業施設が充実していますし、通勤にも便利なので値段が高く、100平米の最上階(8階)が6000万円を超えていました。6000万円もするのに100平米しかないということに信じられない!という印象で、さっさと帰りました。

一方、蘇我でおりるのは初めてのことで、どこにでもある70年代ごろから開発された街という印象で、駅前にパチンコ店が並んでいるのに嫌悪感を抱いたし、歩道もその時代に開発された街らしい感じで狭苦しくて怖かったです。

それでもスイーティアは104平米+グルニエ(屋根裏12畳)にルーフバルコニーとスカイバルコニー(グルニエから出入り)がついた最上階(10階)角部屋南南東向きが4880万円で売られていて、駅徒歩6分の立地やらを考えるとかなりお買い得感がありました。

収納の少ない間取りとなっていましたがグルニエがあるならば収納が少ない方が返ってうれしいし、正直かなり自分達の好みの住空間だと思いました。共用施設がしょぼいけど、その分管理費が安いので割り切れるし、蘇我駅からは通勤快速で会社のある八丁堀まで1駅35分だから下手すると今より速く通勤できてしまいます。

惜しむらくは駅の北側に立地していることで、蘇我副都心計画エリアである駅の南側に立地していたらかなり印象が違っていたかもしれません。

しかし、ベイタウンで1年半暮らしただけで他の街が汚らしく見えるようになってしまったようで、かなりやばい感じがします。このままでは他の街に住むことにかなりの抵抗が出そうです。我々でさえそうなのだから、この街で生まれ育つ子供たちは就職して、あるいは結婚して、果たして他の街に住むことができるのでしょうか。

 Trackback Pings(0)

No trackbacks found.

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

コメント用フィード