子宝どっとこむ

 

 MovableType上級カスタマイズ術

ブログ自由自在 Movable Type 上級カスタマイズ術の紹介

のっけから本の紹介で恐れ入ります。

この本はとにかくすごいです。向上心のあるMovableTypeユーザーであれば必読です。私も、この本のおかげで10日間で中級レベルに相当近づいた気がしています。時間を効率よく使いましょう。たった2880円で多くの時間を買うことができます。また、短時間で知識レベルが上がるというのはモチベーション上も大切です。人間誰しもモチベーションを維持し続けることは大変です。モチベーションのあるうちに、効率よく知識を吸収しておかないと挫折しちゃいます。

内容は、初級レベルではありません。「ブログって何?」「初めてのホームページを作りたい」「MovableTypeのインストールや初期設定がよく分からん」という状態ではついていけないでしょう。そういう方には向いていません。

「MovableTypeはインストールしたし、自分なりにテンプレートもとっかえひっかえしてみた。でも、もうワンランク上を目指すには基礎ができていないだけに壁が高いよなぁ」という方には最適だと思います。ネットでちまちま調べながら無駄に時間を潰してモチベーションを下げないようにしましょう。

いきなり『オリジナルテンプレートを作ろう』から始まります。『MovableTypeとは』とか『インストール方法』とかではありません。『中級者を目指す方に無駄な投資は一切させない』がコンセプトのようです。第1章と第2章がこの部分に割かれています。ここで基礎知識を効率よく吸収することができます。

第3章ではスタイルシートのカスタマイズです。これまで見よう見まねで適当にスタイルシートを使ってきた私などにはとても助かりました。これでもうスタイルシートも怖くないです。

第4章はPerlの操作です。いきなり数ステップアップという感じです。最初は正直言って全て理解するのは無理です。でも、このおかげでいつかPerlでCGIを作れるようになっているかもしれないです。最初からPerlでCGIを作ろうという人は少ないでしょう。MovableTypeをいじくっているうちにPerlに抵抗感がなくなり、いつの間にかCGIが組めるようになるというのが自然な流れです。そういう意味で、目にとまりにくい最後の章ではなく、第4章にPerlの解説が来ているのは非常に意味があります。

第5章はプラグインの作成です。これも敷居が高いです。しかし、プラグインの利用方法の解説は十分役に立ちますし、やはり、これもそのうち抵抗感が薄れて作ってみようという気持ちになるかもしれません。

第6章はPHP化とダイナミックパブリッシングです。ここだけでも買った価値はあります。

第7章は更に上を目指すためにヒントがあります。

最後に付録でインストール方法とタグリファレンスがあります。タグリファレンスは助かります。

中級者から上級者まで納得の一品です。

 Trackback Pings(0)

No trackbacks found.

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

コメント用フィード