子宝どっとこむ

 

 表現をみなおす

  • Jun212005
  • Author: Vulcan
  • Categories: 心構え

いったんMovableTypeから離れて、ホームページを充実させるためにはどうすればいいのかを考えて見ましょう。まず、できることから始めるということで、『表現を見なおす』ことから取りかかります。

私はまだまだ表現が未熟なので、偉そうにいう資格がありませんが、心構えを忘れないようにするために記述します。ご容赦下さい。

パソコンの発展で文章を手で書くという作業はほとんどなくなりました。悲しいことかもしれませんがそれが事実です。そして、このことは日本語文化を変えるほどの影響力を持っています。

古来から、日本語は漢字を多用した難解な文章が尊ばれてきました。確かに漢字は直感的に意味を汲み取るのに便利です。ひらがなばかりの文章ではどこで切れるのかが分かりにくいです。しかし、漢字の多用は目が疲れますし、逆に難解すぎて意味がぱっと通じなくなることもあります。

漢字が変換キーひとつで表示されるようになった現代では、漢字を使うことが偉いことではありません。しいていうなら上手に使うことが大切です(という私はまだまだですが)。

漢字であれば瞬時に意味が通じる部分は漢字にしましょう。漢字であれば語源が伝わるけど、意味は通じないという部分は漢字を使うのを避けたほうが読みやすい文章になります。当て字であれば、なおさら使わないほうがいいと思います。

それから、文章は3行から4行ぐらいで段落を分けたほうが読みやすいです。改行だけでは不十分です。まして、だらだら何十行も文章が続いていると誰も読む気になりません。反省しましょう。←私

また、修飾語はなるべく削りましょう。意味のない修飾語はもちろんのこと、意味はあっても2つも3つも修飾語がついているとわけが分からなくなります。いいたい気持ちは分かりますが、それで文章の価値が下がっていることを理解しましょう。

修飾語を削ると主語と述語の対応がよく見えてきます。つまり、適切な主語と述語の対応になっていないことも分かるので、読み返してより分かりやすい文章に仕上げることが可能になります。

語尾にも注意しましょう。『である調』は読み手に配慮した文章とはいえません。反省しましょう。←私

基本は『ですます調』です。しかし、あまりに『ですます調』一本やりだと引かれてしまいます。この辺はたくさん書いて体得するしかないです。また、「~する必要があります。」という表現よりも「~しましょう。」という表現の方が語尾が短くて、意味もほぼ同じなのでおすすめです。短い方が分かりやすいことが多いです。

最後に、タイトル、概要を良く考えましょう。何が言いたいのかがぱっと見て分かるタイトルをつけることです。できれば、読み進めたくなるものがいいです。このへんはいろいろ試行錯誤するしかないですね。←私

【2005/6/23追記】
同じもの(こと)を指す用語を複数使ってしまうことがよくあります。とくに、自分が作った造語に近い表現が複数出てくると読み手としては分かりにくいです。時間の経過とともによりふさわしい用語を使うようになった結果ではありますが、なるべく用語は統一しましょう。MovableTypeには『ユーティリティ』に『検索』機能があり、『検索』と『置換』ができます。

 Trackback Pings(0)

No trackbacks found.

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

コメント用フィード