子宝どっとこむ

 

 カテゴリーにこだわる

  • Jun212005
  • Author: Vulcan
  • Categories: 心構え

日記はいろんなテーマがごちゃまぜになりますから、当然見にくくなります。よほど関心が高い人でない限り過去記事を見る人はいないでしょう。しかし、興味あるテーマであれば過去記事も見てみようかなという気持ちになります。

したがって、カテゴリーは名前だけでどんな内容について書かれているのかが分からなければなりません。『思ったこと』『発見!』『その他』といった抽象度の高いカテゴリー名は極力避けるべきです。そこに書かれている記事がいかに素晴らしい内容でも、カテゴリーをクリックしてくれなければ意味がありませんからね。

また、自分自身がサイト巡りをしたときのことを思い出すと分かると思いますが、せいぜい3つか4つの記事を見て、読む価値があるかどうかを決めると思います。たまたま選ばれた3つの記事が駄文ばかりであれば、その他にある価値ある記事は読まずじまいです。

読み返して、駄文と思ったら、カテゴリー的にはマッチしていても、思い切って捨てるか、誰も読まないと思われる『その他』『駄文』といったカテゴリーに移して、主力のカテゴリーの質を落とさないように心がけることをおすすめします。私の場合も大体3分の2の日記は(残念ながら)駄文だったので思い切って捨てました。

日記のカテゴリーがうまくできるようになると、質が割と高くてボリュームも充実しているカテゴリーが出てくるでしょう。そうしたものは思い切ってサイトを独立させましょう。

一つのカテゴリーだけを取り上げたサイトは、サイトのタイトルも何のサイトか分かりやすいものになるでしょうし、テーマが絞られているのでサイトの説明もしやすくなります。ということは宣伝もしやすいということです。

最後にリンクタイトルの表示の仕方を説明しておきます。
<a href="http://website.kodakara.com" title="MovableTypeの徹底活用を追及します。一緒に初心者を脱しましょう!" target="_blank">MovableTypeの紹介サイト</a>といった感じで作ります。

target="_blank"は別ウィンドウで表示させる場合です。titleをまめに入れておけば、どんな内容のカテゴリーなのかが分かりますのでクリックして中を見てくれる確率は上がると思いますよ。

 Trackback Pings(0)

No trackbacks found.

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

コメント用フィード