子宝どっとこむ

 

 同じ場所にいればイイの?

  • Jul062005
  • Author: NameP
  • Categories: 家族

あなたは、「家族の団欒」「家族で同じ時間を共有する」という言葉と、「リビングでテレビを見て過ごす時間」は”=”で結ばれると思いますか?私はまったくもって”≠”だと思います。

日本ではいつのまに「お茶の間にテレビ」がのさばるようになったのでしょうね?私は記憶にある限りリビングや居間にはテレビが大きな顔をして鎮座している家庭で育っています。世間一般の団塊ジュニア世代(ジェネレーションX)は「リビングにはテレビがあるのが当たり前よ」「家族がみんなでテレビを見て笑っているのが団欒でしょ」と考えている方々が非常に多いのではないかと思います。

「テレビは百害あって一利なし!」とまでは言いません。子供に「テレビばかり見ているとバカになるわよ!」とも言いません。イイ番組はとても充実した知識や教養を与えてくれるし、驚きや感動を与えてくれる番組も多いと思います。私はただ、「みんなで一箇所に集まって、一つのテレビを見ていれば、家族の時間を共有していることだ」という考え方はどうかな~と思うだけです。それは番組次第なのですが、私の感覚では「同じ場所に居るだけ」です。時間を共有しているとは思えません、物理的な肉体の場所を近くに共有しているだけだと思います。

経済的には家族数名が一箇所に固まっているとエコロジーなので、各個室で見たいテレビを見ているよりは、賛成です。(笑) 真夏や真冬なら光熱費の抑制に役立つとは思います。でもテレビは消している方が電力は食いませんよね?

テレビを見ながらあなたは隣の人と喋りますか?それとも黙って見てろ派ですか?(^_^)
本気で頭をフル回転させて相手のことを考えつつ、さらにテレビをしっかり見ている人って少ないと思います。どちらも「ながら」になってしまい、隣に座っている人にも番組作成者にも失礼だと思うので、私はテレビ番組を見るときには真剣に黙って見て、終わったら感想を述べ合う「映画形式」が望ましいと思っています。(だからそういう番組が好き。バラエティーとかクイズやトーク番組って、私には論外です★)

映画は、観ながら喋りませんよね?(基本的に映画館でベラベラ喋って観ている人は居ないと思うのですが・・・最近行けないので知りませんが、どうなんでしょう?^_^;)「ながら」が許されるとしたら、「軽い飲み食い」でしょうか?

でもテレビって見ながら常に「何か」しませんか?アイロン掛けてたり新聞読んでたり、電話してたり洗濯物畳んでたり、子供と喋ってたり本読んでたり宿題してたり?!(汗) マッサージチェアでウトウトしてたり、ご飯食べてたりお茶飲んでたり、お菓子食べてたりストレッチしてたり? そう、「テレビを見ながらできる」というキャッチコピーが生まれるくらい、テレビというのは「暇つぶし」や「ながらでイイ」程度の扱いなのです。しかし、リビングでデカデカとのさばっているあの態度ときたら・・・(笑)

そして「帰宅したらとりあえずテレビのスイッチを入れる」という人の多さに私は驚きます。子供や家族と話す時間はあまり必要ないけど、テレビは私に必要なの!とでも言いたいようですね。あとは「この時間になったらニュースをつける」というのもそれに似ていると思います。どうしても見たい映像があるのでない限り、新聞やラジオに始まり今やネットでも現在のニュースを知ることは可能です。どうして「テレビ」なのでしょうね。

私は子供と遊ぶ時間や、お客がいる時間、食事の時間にテレビが付いている、という「ダラダラ見」が大嫌いです。傍に居る誰かがテレビを向いてしまって、人間同士のお話に集中していないと思うと、もうかなづちを投げてブラウン管をぶっ壊したくなります!(←やや過激表現ですが、そのくらいテレビとの「ながら会話」「ながら食事」を嫌っているのです★)

ではテレビが無かったら、あなたは家族と団欒できますか?
「いや~、無理だな・・・」「え~?!出来ません!」なんていわないで下さいね・・・(-_-;)

各人が、今日身近にあった出来事、そこで感じたこと、明日したいこと、週末や来週の計画・・・それらを報告したり連絡したり相談したりする「ホウレンソウタイム」であれば、それが「家族の会話」でありそこから話が弾めば十分にそれが「団欒タイム」だと思います。そのためには一箇所に固まって座っている必要性があるし、食事をしながらでもお茶を飲みながらでも構わないと思います。たとえ会話が「食べながら」でも、話し手の目を見て神経を集中して聞いていれば、次の日にもう「え?そんなこと言ってたっけ?」と言ってしまうような希薄な聞き方は無くなると思いませんか?あなたは自分の話をいい加減に聞いて欲しいと思っていますか?

その「きちんと聞く」「聞いてもらえる話が出来る」ことが「家族の時間の共有」であり、家族の各人がそれぞれ「相手は今何を大事にしているのか」「明日は何が行われるのか」「週末は何をするのか」などを把握できてきて、「そんな~聞いてないよ!」「また勝手に出かけちゃって・・・(怒)」といった悲しいやりとりが消えると思いませんか?

私はテレビが団欒の中心であり家族の信頼関係が希薄な家庭で育ったので、テレビを恨んでいるワケではありませんが(それじゃ逆恨みですね!笑)、極力存在を薄くしたいと考えている、現在二児の母親です。テレビが無くてもみんなが自然に楽しく振舞えて、2時間でも3時間でも面白く話せて遊べる家族であること・・・それって今の時代は少し難しいことなのかもしれませんね。

でも私は「同じ場所で同じテレビ番組を見ているだけが家族の団欒タイムじゃないこと」、それを子供たちに正しく伝えていきたいのです。そのためにはまず親からテレビを引き離す必要があるでしょう?(^_^;) ゲームや映画と、「ダラダラ見るテレビ」は別物です。ゲームや映画はディスプレイとして画面を使っているだけなので、自分の采配でいくらでも使えます。テレビはCMがジャカジャカがなりたて、次々と番組が続き、見ているのか見ていないのかわからなくてもずーっと音と映像が配信されています。
要するに全てが「押し付け」なのです。
暇つぶしで見ている人の気を引こうと、奇抜なことをやったり大げさな表現をしたりしていることが私には非常に馬鹿げて見えます。何もやることが無い人が、ただ一日を無益に過ごしたいだけなら、テレビはいい付き合い相手なのでしょうが、やることがたくさんある人間には無用の長物です。人間同士の関係を強く熱く広く作り上げたい人には全く必要が無い「娯楽商品」だと思います。

私は「テレビ見ないからよく知らないんだ」という前置きをしても、テレビっ子の友達と楽しく会話が出来ます。芸能人のことをあまり知らなくてもそれなりに会話は楽しめます。ネットでも芸能人の話題は読めますしね☆
最初に「よく知らないんだ」と断っておけば相手も私に情報を求めてこないので、「へ~、よく見てるんだね~」「よく知ってるね~」「すごいな~本当に好きなんだね~」と聞くことで私は楽しめます。その人の価値観を知ることが出来るので貴重な会話だと思っています。なので「お友達と会話をあわせるために必要なテレビ番組」も無いと思います。

さて、あなたは1週間に何時間テレビをつけていますか?いくつの番組を見ていますか?
テレビを見ている間、出来ないことはいくつあるんでしょうか?それを全て読書に振り替えたら1週間に何冊の本が読めると思いますか?
子供とテレビ抜きで何時間遊べますか?
自分の親とテレビ無しで何時間話せますか?

一度真剣に数えて考えてみると、結構楽しいですよ♪

 Trackback Pings(0)

No trackbacks found.

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

コメント用フィード