子宝どっとこむ

 

 手作りの楽しさ

  • Sep082005
  • Author: NameP
  • Categories: 食育

盆休み明けから子供たちは「朝食はシリアル」がブームでした。野尻湖で久しぶりに食べてから、すっかりハマっていたので何種類か買って楽しんでいたんだけど、2週間も毎日のように食べているとさすがに飽きてきたらしい(笑)。牛乳を3日で1リットルのペースで消費するので、珍しく週に2リットル近く空けていたけど、それも今日の2人とも随分と食べるペースが落ちていたのを見たら、そろそろまたパンに戻してもイイかな~と考えている次第です。

朝をシリアルにすると何が便利かって、昼にパンが食べられることでした。(^_^;)

シリアルは栄養バランスがイイと謳っているけれど、結局腹持ちが悪いから3時間後の昼食にはフレンチトーストを作ってあげたりして楽しかったです。そしてオヤツはせんべい系を食べ、夜はご飯を食べる、というパターンに入っていたのが終盤を迎えたらしいので少し悲しい・・・。

そうなるとまた、「朝=パン、昼=麺類、夜=米」という炭水化物の摂取法に戻るのかな・・・まぁ私はそのパターンの方が好きなんだけど♪(*^_^*)夜が麺類の予定なら昼は冷凍の米でおにぎり作ったりしてたのも、割と新鮮で楽しかったのに~(笑)

まぁ、要するに「昼の外食を減らせて便利だった」という話なのです・・・(爆)

私達はまた起きるのが遅い(10時とか・・・盆休み明けからまた奈落の底へ落ちてしまいました・・・)ので、つい、朝を食べて準備が出来次第すぐ出かけて、昼は外で適当に食べる、ということをやりがちなのです。
が、外で食べる時にご飯モノは難しく(おにぎりを買うか持参するか?)、パン系(ハンバーガーなど)や小麦粉系(たこ焼きやドーナツなど)に偏っていたのが、自宅で朝(シリアル)を食べ、少し遊んでたら腹持ち悪くてまた自宅で昼(パン)を済ませてから、15時ごろに外出し、外遊びしてたら18時になって、帰宅したら少し早めに急いで作った晩御飯を食べるか、軽くせんべい系を食べさせておいて21時ごろにVulとご飯、というパターンが安上がりで(無駄にお菓子も食べないし)、気に入っていたのです。

そしてなにより楽しかった(=嬉しかった)のは、フレンチトーストを作る過程を子供たちが楽しんでくれたり、「はちみつハニー、いーっぱいかけて~」と甘いのを喜びながら牛乳と一緒にバクバク食べてくれる嬉しそうな顔を見られることでした。おにぎりを作る時は3種類の混ぜご飯にしたり、ウィンナーをタコさんにしたりして、ちょっとしたお弁当気分だったりして・・・手作りを楽しむ私と、外食じゃ味わえない変化のある皿や食卓を楽しんでくれる子供たちを見ていると、「手作りを親子で共に楽しんでていいなぁ♪」とのんびり思えて幸せでした。

朝食がシリアルじゃなくなったら、またチーズトーストとかジャムパンとか、ハムだけサンドイッチとかに戻ってしまうのかしら~(-_-) hikaruは離乳食期からパンの食べ過ぎで最近はすっかり食傷気味で、なんか甘いモノを塗らないと食べなくなってしまったし・・・(汗) 困ったなぁ、ワンパターンにハマってしまう~(^ー^;)

などとボヤいておりますが★ 

私の本当の「高い理想」としては、朝に早く起きてVulと揃って「ご飯を食べる」がやりたいのです。(あ~、Vulが読んだら「早くやってくれー」って言いそう・・・ごめんなさい、起きなくて!T_T) 
でも来春からbianが幼稚園に通いだしたらお弁当を作ることも始まるので、その夢(?)も叶うかもしれません・・・いや、必ず叶えましょう!(笑) 毎朝6時に起きてbianのお弁当と同時に朝食を作り、バス停までお見送りに行くのです、下の2人も連れて★・・・・・・本当に私に出来るのかな~(冷や汗)

話はかなりそれましたが。
「外で買って食べる」のもたまには楽しみになりますが、私はやはり「自分で作って食べる楽しみ」というのを大切にしたいなぁとしみじみ思います。その方が安心だし安いし楽しいので、実際イイコトづくめなんですから♪(^-^)

 Trackback Pings(0)

No trackbacks found.

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

コメント用フィード