子宝どっとこむ

 

 自宅出産に向けて・・・(3)bianの生後1ヶ月ほどの話

  • Oct032005
  • Author: NameP
  • Categories: 子育ち

bianを生んだ産院は、産後6日目で退院しました。月曜日に生まれたお陰で土曜日に退院出来て、Vulが一緒に付き合ってくれたり、Vul両親もNameP母も迎えに来てくれたりして、恵まれた環境でした。

NamePの実家に戻ってからは、タイの尾頭付きと「初孫」というVul父が月山で見つけてきた日本酒などで盛大にお祝いをし、写真を撮ったりビデオを撮ったりと大騒ぎ状態!(笑) だってVul両親にしてみれば初の内孫で(8月にVul妹が出産していたけど外孫だし~)、NameP家にとっては外孫でも初孫だったし・・・新生児の物珍しさと「昔を思い出すわ~」といった興奮で、近隣に住む互いの祖父母までがお祝いに来てくれたりして大変喜ばしい出産と相成りました☆本当に「こどもが生まれるってのは、すごいことなんだな~」と日々実感して過ごしていました。(^-^)

ところでNamePは実家が苦手なのですが・・・出産前から変わらずに「東京に帰りたいノイローゼ状態」だったのが、産後は更に寝不足が重なったりNameP母が我が子のようにbianを取り扱うことを「私の子なのにーっ!」と非常に身勝手に感じてしまったりして、どんどん心労がたたっていました。(^_^;)
Vulは献身的に金曜日の夜から月曜日の早朝まで、毎週NameP家に通ってくれていたのにも、「産前から考えたら新幹線代はいくら掛かってるのかしら?別に毎週来なくてもイイんじゃない?」とか言われるとカチンと来たりして・・・(苦笑)
「もう生後4週間検診が終わったら、絶対にすぐに天神さんでお宮参りして、翌日には江東区に帰る!」と決意してて、ひたすらにその日ばかりを楽しみに暮らしてました。(笑)


bianはよく出る乳をよく飲んでくれていました。3556gで生まれてから、「自然代謝で生後7日は体重が減っていくんだけど、その後1週間で大体は生まれた体重になる」という一般的な話よりも増えていて、生後14日目で3615g、32日目で4424gという増加具合でした。生後4週間検診の結果は、「身長・51cm→55cmへ」「胸囲・33cm→35.5cm」「頭囲・34.5cm→37.5cm」という順調な成長ぶりでした。

私の母乳は出過ぎて困っていたくらいでした。(自称・ホルスタイン★^_^;)
母が「自分でも何かやりたいから」という理由だけで、私がbianの寝てる間に風呂に入っている時に「泣いたんだもん」と言って、産院がくれたミルク缶を勝手に開けて飲ませていた時(←風呂上りに乳を飲まなくてバレて、もちろん私は激怒!)以外は母乳オンリーで進んでいました。

そして4週間検診が11月24日の午前中に終わり、土曜日だったのでまた全員集合で午後にお宮参り~会食と進み、Vul家もNameP家も「ではまた江東区に行っても元気で」という雰囲気になったので、「来週には帰ろう!」と決めて手はずを整えだしました。新幹線で帰るには荷物が多すぎて(買ってあったりもらってきたりした育児グッズがベビーベッド・布団・ベビーカー・服など、山盛り!)無理だったので、レンタカーを借りて姉に運転してもらうことにして(運転大好き人間なので、名乗り出てくれた♪)、大荷物と共に神戸~江東区という大移動をすることにしました。

「あと1週間で帰っちゃうよ」と神戸の友達に連絡すると多くの人が急いで見に来てくれて(笑)、bianが生まれてから5週間の間に一体何人の方にお祝いを頂いて、のべ何人の人に抱っこしてもらったんだろう?と判らなくなる位にたくさんの人に祝福してもらいました。「あなたは幸せな人だね~」というのが私の口癖になっていた頃ですね。(引いては私も幸せ者だという感慨に浸ることが多かった・・・*^_^*)

そして12月2日(お宮参りの翌週)に姉の運転するセレナに「bianはどこ?!」というくらいの荷物と共に出発!途中でVul妹夫婦が住む春日井市に立ち寄って顔見世をし、2ヶ月先輩のイトコのguy君と義理の祖父母と、私たちの立ち寄りに合わせて近郊から来てくれていたVul弟夫婦と共に記念撮影をして休憩を取り、1時間ほど過ごしたらまた高速道路で出発!相模原付近で渋滞に掛かったけど、ひたっすらに突っ走ったので、9時半に神戸を出て、21時半に江東区の自宅に到着しました。

Vulは12月1日から空き家状態だったマンションの掃除に掛かっていたのです。だって毎週月曜日に神戸から出社して、金曜日は神戸に帰っていたので、平日の3日間寝て、洗濯物を洗って干すだけの場所になっていたので、すんごい汚かったのでしょう・・・(私は見てない)必死になってbianのために片付けたり慣れない掃除機を掛けてくれたりして、到着を待ちわびていました。セレナから荷物を降ろし、NamePの姉と一緒に風呂を準備したり食事をしたり、簡単に荷解きしたりしてる内に2日は終わってしまいました。

3日は月曜日だったのでVulは出勤してしまい、NamePの姉も「そろそろ帰るわ~」と昼の12時ごろには行ってしまいました。(この日にわざわざ休みを取ってくれて、さらには1人でレンタカーを運転して返しておいてくれるんだから・・・今考えても本当に感謝です☆) 

ということで、初めての「bianと1対1で江東区の自宅で過ごす」という1日目がスタートです!(^-^)

家事も育児も1人で始める時がついにやってきました。10日にはまたNamePの母が「様子見と手伝いに」と言って14日まで来てくれることになっていたけど、とりあえず「自分のやりたいようにやれる時がついに来た~♪」と、かなり開放的な気分でウキウキでした!(*^○^*)

bianの様子は?というと、ウンコが少なくて4~5日に1回、という頻度。よく飲んでるのに大丈夫?!というくらいに溜めておいて、3日目くらいから苦しそうに泣いたりして、4~5日目で粘りの強いウンコを出すという「ウンコで心配をかけさせられる」人でした。
連続熟睡は4~5時間がたま~にあるけど、大体2~3時間おきに泣いては両乳を飲んでました。1日に7~8回飲む、寝ては起きるを繰り返していて、昼寝のしすぎなのか夜に2時間ご機嫌で起きてたりしてました・・・「寝ててくれると色々片付けもはかどるし~」と私の勝手な理由から、すぐに乳飲ませては寝せていました!(笑)平均して1日に14~16時間くらいは寝ていたかな?(^_^;) 
果汁やお茶・水などはほとんど飲ませず、ホントに「母乳オンリー」と言い切れるくらいに、bianにとっては単調な食生活を送っていました!(爆)
外出は毎日近所や電車やと割と連れ出していて、A型バギーで出かけたり、抱っこ紐で出かけたり・・・買い物だけだったり人と会ったりと、やっと自由に動ける我が身も嬉しかったし、外の空気にも慣れさせたいしVul以外の大人とも喋りたい!と言って割と頻繁に出かけていました。

といった感じで、bianの生後1月ほどは過ぎていったのです。

 Trackback Pings(0)

No trackbacks found.

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

コメント用フィード