子宝どっとこむ

 

 引っ越しに向けて・・・(1)

  • Dec112005
  • Author: NameP
  • Categories: 家族

今日は近所のイズミヤまで少し買い物に出た後、夕方から出産に向けた準備をしました。(やっとね!笑)

これが、「ベビーベッドを出す」では終わらないのがミソなのです・・・(=_=;)

出す場所を考えると、ほとんど使っていない「ダイニングテーブルを畳んで片付け」ねばならず、更にその奥にある「デッドスペース(生協の注文用紙や空き箱やお菓子などが山積みされている、かなりゴチャついたところ★)を片付け」て、ベッドが来ることで引き出しが開けにくくなるという理由で「食器棚を少し右に移動」するためには、鞄などを入れている「カラーボックス(←この名前キライだわ・・・無印の紙製三段棚のこと)を逆側に移動」する・・・という手順を踏まないといけないのです。(はぁ、書くだけで大変だ~)

もちろん順番としては、「ダイニングテーブルを畳む」→「デッドスペースを片付ける」→「三段棚を左に移動」→「食器棚を右に移動」→「ベビーベッド出して組み立てる」でしょう。

しかし、こういう「目的のために順序を考えてから進める」という組み立てが出来る頭というのは、貴重なのでしょうか?!bianなどは「ベッド出したい!掃除機掛けたい!」とやりたいことをとりあえずやりたがっても判ります・・・やりたがり4歳児だしね~(笑) 
しかしVulは、私が事前に「食器棚を右にズラすよ」と言うと「引き出しか?別に大丈夫ちゃうん?」とか「動かすのは無理やろ~中身出さんと・・・」とか言っていました。しかしベッド出してみたら「三段棚と交換しておいて良かった!」と私は思ったし、2人で押せばめっちゃ簡単に(30cmくらいだしね)右に押せたけど・・・目算で「いける」「いけない」って判らないんだろうか・・・と少し不思議な気持ちでした。(・_・)

普段は慎重派だから、「念のためにやっとくべきだ」というタイプなのに、掃除や片付けになるとイメージが描けないのか、「私にやらせておけばいいや、指示に従えば」と思ってるから油断してるというか・・・こういう時は、めっちゃ「指示待ち人間」です。(笑)


しかし無事に手順良く進んで、テーブルはエリストに行くまで出さないから~と荷造り状態でPCルームの奥に片付けられたし、ベッドもきれいに拭いて組み立てられたし、その他の細々したモノもなんとか別の場所に収まってくれました。2時間後には次の作業(出産関係のグッズを出したり、新生児服を箱から出したり)に移れたから、優秀、優秀。(^_^)v

私は途中で風呂を溜めたり洗濯物を取り入れて畳んだりもしつつ、テーブル片付けてるな~ベッド拭いてるな~と力仕事を見ていました。(食器棚は私から申し出て一緒に少し押したけど、畳んだダイニングテーブルを勉強部屋で私に担がせようとしたVulには大笑いしてしまったぞ!>_<;)
終わったら「お疲れ様!ありがとう!」とスグに出来たての風呂に入れてあげる私って、手際のイイ妻ね~♪(笑) 

Vulは「いい仕事したなぁ!」と1人で冷蔵庫から麦茶出して飲んでました。1時間半の作業でもう1日分の仕事した!みたいな満足感があったみたいで良かったね・・・(^_^;)
私が先週から少しずつ進めてる「大掃除を兼ねた掃除や片付け」なんて、8時間くらいぶっ通しで、合間に昼や夜のご飯作ったり子供の相手したりしながら臨月の重い腹抱えてずーっと動いてるんですけど?と笑ってしまったわ。しかも専業主婦って毎日が大体そんな感じなんだけどなぁ。(笑)
でも、人間、慣れないことすると疲れるから・・・私は「明日だけ朝早く起きて通勤電車乗って丸1日デスクワークして」って言われたら、出来るかもしれないけど「めっちゃ疲れた~」ってなるだろうしなぁ。

とはいえ、3月の引っ越しは人生最後の引っ越し!という大仕事だけに張り切って働いてくれるのでしょう!期待しています。
でもやはりそれまでの荷造りや段取りなどからして「計画と手順」がとても重要だから、お互いに案を出し合ってよく考えて、無理も無駄もなるべく無いプランで行きましょう!p(^_^)q ・・・と改めて今日、思いました!


ちなみに。
子供らは一緒に楽しく騒ぎながら手伝って(?)くれましたよ~。

まだモノをどけただけで恐ろしく長い期間掃除してないデッドスペースに座り込んで仲良く遊んでいたかと思えば、バラす前段階の動かしたテーブルの下を這い回って追いかけっこ☆(あ~埃まみれ~しかも広げてくれてありがと~!T_T)
そして、お腹が空いてきたのか途中で見つけたおにぎりせんべいを「食べたーい!」と開けてバリバリ食べてたり(あとでご飯も食べてね~)、組みあがったベビーベッドに入って遊んだり(2人で入ったら28kgですけど・・・汗)して、色々と笑わせてくれました。

一番笑ったのは、ホントに役に立たないお前だよ!hikaru!!(まだ2歳前だし当たり前なのか?)

三段棚には子機が乗っていたので、とりあえずどけて別の場所を見つけるまでほったらかしだったのをhikaruが見つけて、「もしもーし」と言いながら持ち歩き、「お客様のおかけになった番号は・・・」のアナウンスと喋っていたのです。まぁ、それは普段からよくやってるから気にしな~い。
が、梱包したダイニングテーブルをPC部屋の隅に置くために一番ややこしくゴタついている真っ最中のど真ん中へ踊りこんできて、「はい、はい」と耳に当てた子機と喋りながらウロウロしてたかと思えば、「しっこ行く~」と電話しながらトイレに走っていった時、私は腰砕けになりました・・・(私がしっこ漏らすよ!笑いすぎで!+_+)

しかも、「あ~、おがじがっだ(=可笑しかった)~」と言いながら一番ややこしい作業でドサクサしているPC部屋に戻ると、Vulとbianが一生懸命力をあわせて(?)テーブルを部屋の隅にねじ込んでいるのを横目に、落ちているトイレットペーパーの紙芯を両目に当てて「かーちゃん、見てみて~」と楽しそうに双眼鏡ごっこ★(あぁ~また私の力がへなへなと抜けていく・・・*_*)

「こりゃ引っ越しが思いやられるなぁ」と2人で爆笑しながら、Vulに「こいつ、ホンマに役立たずやな!1歳2ヶ月で江東区から幕張に引っ越してきた時のbianの方がなんぼか手伝ってたぞ!」と言うと、ゲラゲラ笑いながら「まぁ・・・3月もこんな感じやろ~」と言っていました。

いやー、日々荷造りして大量に箱を積み上げるのは私の仕事でしょ~もうこれは笑い事ちゃうで~と一瞬思ったけど、別に泣いて足にしがみつかれるわけでなし、何を破壊して回るわけでなし、1人で楽しそうに遊んで待っててくれるのであれば、助かるって話なのか・・・?と思い直しました。

だって・・・比べちゃ悪いけど、bianは本当にお役立ちな娘なんですもの!!(>_<) 
「私もやりたい!」だけで実際は役立たずで時間掛かるだけ~なことも多いであろう4歳児・・・が普通なのかもしれないけど、彼女は本当に気が利くし実際に役に立つ女なんですよ♪

hikaruの様子は監視してくれてるし(「勝手になんか開けて食べてる!」とか「変なもの出してる!」とか逐一報告してくれる情報屋)、掃除は上手だし(集中して最後までやり遂げてくれる家政婦さん)、次に何すればいいのか察するのがウマイ(「コレ、bianがしよっか?」「うん!ヨロシク~♪ありがとー!」で済む私の相棒)ので、大掃除や片付けや引っ越しの時にとても助かるタイプ★(^-^)

もちろん1人でやることを思えば、話し相手にもなってくれてるし(「うーん、どうしよっかな~ぁ」と相談してみると、結果はbianの意見がどうであれ私の頭が整理される)、合間に休憩するときにも楽しい動きやお喋りで疲れた気持ちを和ませてくれるし、危ない作業の時は応援してくれたり大人しくhikaruと遊びながら待っててくれたりするし。

まぁ、そう考えていくと、キリキリ動くだけが掃除や片付けの姿じゃないから・・・子供がチョロチョロして笑わせてくれたり邪魔してくれたりすることで、少々時間や手間が掛かっても、作業自体を「楽しく出来る」というのはイイコトです!(^-^)
hikaruは、真剣に一生懸命手伝ってくれようとするbianとは一味違ったアプローチで親の手伝いをしてくれているのでしょう・・・全然役に立ってなーい!と笑いながら見てたけど、彼は彼の役目を果たしているのですね。
2人とも流血するようなケガしたりケンカしたりはしないからね~、それを思えば3月も十分乗り切れるでしょう!(私ってホント楽観主義~♪)

いや~、ほんと・・・今晩は久々に腰砕けになるほど笑わせてもらったわ~☆(^_^;)

 Trackback Pings(0)

No trackbacks found.

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

コメント用フィード