子宝どっとこむ

 

 出産お預け

  • Dec302005
  • Author: Vulcan
  • Categories: 育児

29日の朝6時半ごろ、NamePに起こされ、眠いので2度ほどまた寝てしまったのだが、「どうも(陣痛が)来たらしい」ということで、突如あわただしくなった。

聞くとしくしく痛いのが20分間隔ぐらいできてたのが、10分間隔ぐらいになってきたので俺を起こしたらしく、こりゃ間違いなかろうということで、とりあえずメインの助産士さんを呼び、会社も休むことにした。

準備はある程度できていたとはいえ、いよいよということでいろいろすることがある。病院で出産するなら病院側がする準備も、自宅出産なので何もかも自分たちでしなければならず、NameP母があれやこれやと動き回る。で、自分はウロウロするだけでまったく何の役にも立たない(爆)

30分ほどして助産士さん到着。それほど切迫した状態でもないようで、経過を見ながらサブの助産士さんを呼ぶタイミングを見計らう。この日は満潮が9時だったらしく、その時間に向かって陣痛の感覚が短くなってきたのでサブの助産士さんを呼び寄せることに。

その後、(満潮時刻を過ぎて)陣痛は弱まり、様子を見てたら、なくなってしまった。この辺はNameP本人が詳しく書くだろうから割愛するが、せかすものじゃないし、自宅出産を選んだのはリラックスした環境で出産することが目的なので、助産士さんがいる時間が長引けばプレッシャーになるので、二人は引き上げることになった。

というわけで、本日は出産お預けとなったが、サブの助産士さんとも顔合わせができたし、いい予行演習になった(笑)

 Trackback Pings(0)

No trackbacks found.

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

コメント用フィード