子宝どっとこむ

 

 調湿シートで安眠!

  • Jan102006
  • Author: Vulcan
  • Categories: 住居

エリスト引越を前にして、ここのところ図書館に行っては、『部屋の使い方』だとか、『整理法』だとか、『掃除術』といった本を借りてきては読み漁っている。エリストに移ったら部屋も広くなるし、窓の数も半端じゃなく増えるので、掃除が大変だなと改めて思った。

我が家は普段、就寝時も窓を少し開けて、換気を良くして寝ていたため、これまで結露するということがほとんどなかったのだが、ここ数週間は、赤ちゃんがいるため、暖房はガンガンたいて、窓は締め切っており、あっという間に、窓はどこも結露しまくり、玄関のドアも鉄製なので結露っており、ドアを開けると上から水滴が落ちてくる始末だ(爆)

こんな使い方してたら、あっという間に家中カビだらけになってしまうなと思う。入居当初はコンクリートも乾ききっていないので結露しやすいと聞くし、エリストに移ったら結露対策を本気で考えなければと思った。

そんななか、『掃除術』の本を読んでマインドが上がり、今年から毎月大掃除をしよう!と張り切った。そして、子供が喜ぶように掃除箇所を書いたくじを作り、くじを引いて出た箇所を掃除するという手法を考えた。それで、毎月第1土曜日を大掃除の日にして、月例の行事を行なうようにすれば、月の感覚も養われるし、そうなると毎月第2、第4土曜日開催のパルプラザのフリーマーケット等も見逃さなくなっていいんじゃないかなどと考えた。

ということで、早速第1回の大掃除をしようと思い、といってもNamePは産後なので働き手は自分ひとり、子供の手伝いはあてにできないし、赤ちゃんがいるので窓を開けての大掃除って分けにも行かないし、できることも限られている。

で、ガスレンジや電子レンジは先月やってるし、お風呂はNameP母がマメに掃除してくれているし、バイクや自転車は子供たちを実家に預けたときにやった方がよさそうだし、ということで、布団を布団乾燥機に当て、乾燥した布団に掃除機を当てる、また、窓や玄関ドアの結露がそのままほったらかしになっているので拭き掃除するということにした。

大掃除と張り切ってみたものの、結局布団を乾燥させて掃除機を当てるだけになったが、それでも5人家族になり、結構時間が掛かるものだと分かった。そして、『掃除術』を読み、エリストの間取りを見直し、掃除すべき箇所とそれに費やされる時間を想定するとすごい大変なことだということがよく分かった。ということで、普段からマメに綺麗にしておくことが非常に重要であるという教訓を得た(笑)

ところで、掲題の件だが、我が家は結婚以来7年間、布団で寝ている。ベイタウンに越して来るまでの4年間は畳の部屋で寝ていたので快適だったが、この3年間は畳の部屋がないため、フローリングに布団を敷いて寝ている。

ベッドは腰が痛くなるので、布団でないと駄目なのだが(畳ベッドという手もあるが)、布団の場合、上げればそこは遊び場(プラレールとか)に変化するし、積み重ねた布団そのものが遊び道具になるので、手放せない。

しかし、フローリングに直敷きというのはよいことではなく、エリストでも畳の部屋を作らなかったのでリトル問題を抱えていた(By きっこ)。

人間は寝ている間にコップ1杯分の寝汗をかくと言われている。朝、布団を上げるとマットの下は湿っぽい。1日布団を上げるのをサボったときには、マットにカビが生えてしまった。

フローリングも当然影響を受けているようで、布団の下は毎晩水を吸ったりはいたりし続けたことで、随分荒れた表面になってしまった。

そんな中、大掃除をして布団を乾燥させ、ダニを殺した(はず?)。そこで、ダニやカビがクローズアップされたため、兼ねてから欲しいと思っていた調湿シートを本気で検討してみることにした。

ネットで調べると、安物は2000円ぐらいで、高いのは8000円ぐらい。もっと上もあるが、人数分買わないといけないとなると2000円ぐらいのを狙うべきか。などと考えながら、ずっと家で退屈していた子供たちを引き連れて繰り出す。

Bianは自分の自転車(Bian号)に乗り、Hikaruを前かごに乗せて幕張海浜公園に行く。幕張海浜公園は遊具が充実しており、また、ちょっと遠いため頻繁には行かず、かといって勝手の分からない公園でもないため、子供たちは非常に喜ぶ。2時間ほど、久々に大暴れして疲れきったようで、Bianは自転車に乗る元気もなくなってしまった(爆)

しかたなく、Bian号を置いて(帰りに取りに戻った)、後のかごにBianを乗せ、カルフールに向かう。カルフールではキッズコーナーに子供たちは吸い寄せられ、そこで1時間ほど遊ぶ。

その間に、目当ての調湿シートを布団コーナーで見つけた。値段は4000円と想定の倍。だが、安っぽくなく、機能はしっかりしてそう(コップ4杯分の水を吸収するとのうたい文句)。半永久的に使えるわけだし、いつかは買うことになるだろうからどうせなら早い方がいいと思い、とりあえず2枚買った。大人二人だけ使うというのもいいし、汗は背中でよくかくだろうから、敷いている布団4組の背中部分を渡すように敷くのもいい。使ってみて、よければ追加しようと思う。

そういうわけで、早速布団4組の背中部分に渡す形で敷いてみた。すると、ぽかぽかと布団がいつもにも増して非常に暖かい。暖かいどころか熱いぐらいで、厚手の布団など不要で、冬でも薄がけで十分かも?というぐらい。使い心地は非常によい。

手をやると、フローリングは確かに非常にひんやり冷たく、調湿シートは完全に断熱しており、底冷えを防いでいるだけでなく、体温も逃がさない。これで湿気も吸収してくれて、カビ対策、ダニ対策になるというのだから、買ったのは断然正解だと思った。冬場のフローリング直敷きの寒さからこれで開放される♪

【ダブル】湿気を吸い取る 西川の調湿シート[からっと寝]自分の買ったのは違うメーカーだけどこんな感じのです

 Trackback Pings(0)

No trackbacks found.

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

コメント用フィード