子宝どっとこむ

 

 Syndicate this site(RSS)の謎

RSSリーダーを使うようになって、RSSの便利さが実感できるようになると、RSSファイルの存在意義が分かってくるわけですが、xmlフォーマットのファイルがリンクされていて、これをクリックしてみても、見れないか、見れてもタグが並んでいるだけで、人間が見ても何のことやら分かりません。

そして、なぜこのようなものがリンクされているのか、素人が見て混乱させるだけのような気がするのですが、RSSリーダーのためには必要なのかなぁ、という程度の認識で置いておく訳です。

確かに、RSSリーダーでRSSファイルへのパスを入力しなければならないため、リンクが貼られていると便利です。しかし、RSSのファイルのパスは、サイトのURLが分かればプログラムが勝手に取得してくる仕様になっているRSSリーダーが大半だと思いますので、必ずリンクが貼っていなければならないわけではなさそうです。

そんなわけで、素人を混乱させる元凶のRSSファイルへのリンクですが、人間が見て何が書いてあるのかが分かった方が気分いいですし、こちらとしてもRSSファイルがどういう構成になっているのかを分析しやすいと思います。

そうしたところ、ADPでスタイルシートを使ってRSSファイルを人間が読めるようにする方法が紹介されていました。

まず、W3Cのライセンスに関する文面を見て一礼する(それでいいのか??)。

次に、ADPのstyles-rdf.cssをかっぱらい、index.rdfが置かれるディレクトリ(<$MTBlogURL$>にあたるディレクトリ)に放り込む。インデックス・テンプレート中、RSS 1.0 Indexの2行目に、

<?xml-stylesheet href="<$MTBlogURL$>styles-rdf.css" type="text/css"?>
を書き込む。場合によっては、RDFファイルのMIMEタイプをtext/xmlか、application/xmlに変える必要がある。

styles-rdf.cssファイルはこちらから。

 Trackback Pings(0)

No trackbacks found.

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

コメント用フィード