子宝どっとこむ

 

 ネットで簡単に確定申告

  • Jan192006
  • Author: Vulcan
  • Categories: 駄文

年末に子供が生まれたため、今年は生まれて初めて確定申告をすることになった。

とは言っても、扶養控除の修正だけで、医療控除も該当しないことを確認したし、株も投資信託もやっていないので非常に簡単だ。

とはいえ、税務署に行かなければならないのは面倒だから、なるべく手間をかけない方法を選びたい。

申告する所得が給与所得や雑所得、配当所得、一時所得だけで、予定納税額がない場合、確定申告書Aの様式を使うらしく、手続は国税庁の解説が詳しい(といっても、私の場合は扶養控除の修正だけなのでほとんど読む必要は無いが)。

また、いくつかの疑問点は国税庁のQ&Aに回答が載っていた。

このQ&Aで『還付申告書の場合は、平成18年2月15日(水)以前でも税務署に提出することができる』ことが分かった。早く提出すればその分早く税金が返ってくるということで、1月に半日休暇を取る予定があり、何かと物入りになる時期を前にして、税金が早く戻ってくることはありがたい。

唯一解決できなかったのが『届出は勤務先の住所地を管轄する税務署でもいいのか?』という疑問で、これはしっかりちゃんの税金日記の方で解答が見つかったが、住所地の管轄税務署でないと駄目なようだ。

確定申告書については国税局に確定申告作成コーナーというのが用意されている。特別にソフトをインストールする必要もなく、データもバックアップを取る事ができるので、途中で中断も可能であり、自動計算可能な箇所は勝手に計算してくれるし、非常に優秀なソフトだ。おかげで30分ほどで確定申告書が出来上がってしまった。

 Trackback Pings(0)

No trackbacks found.

 Comments(2)

#1: Posted by ys.sankon [RES]

小生・税理士です。
ネット上のシステムもとても便利になったのでどんどん活用して
せめて、自分の税構造を勉強してもらいたいものです。

先般セミナーを開いた際に「ご自身の所得税は年間いくら払ってるかご存知の方いますか?」と聞いたところ手を上げたのは60数名中お一人でした。

職業柄、増減税には賛否思い多々ありますが、
まずは自分の税負担を知り、そして増減税の政策を評価したいものです。

#2: Posted by Vulcan [RES]

sankon先生こんばんは♪

自分の税負担を知るというのもなかなか難しいですね。単に
17年度の所得税額を記憶しているというのでは知ったことには
ならないでしょうから。世の中の税負担の水準と比較して
どうなのか、他の所得と比較してどうなのか、過去の課税水準と
比較してどうなのかなど、比較を基礎にしないと理解が深まらない、
定着しないと思うわけで。

 Post a Comment

コメント用フィード