子宝どっとこむ

 

 房総半島小旅行(1)

  • Feb272006
  • Author: Vulcan
  • Categories: 駄文

日頃の疲れから、木曜日の晩に突然旅行に行きたくなったので、深夜にネットで下調べしたうえて金曜日に宿とレンタカーを手配して房総半島に旅行してきた。
最近仕事が忙しくて疲れていたし、その影響で育児を手伝えずにいたのでNamePも疲れが見えていたし、(疲れから)親が手を抜いているため子供たちもストレスが溜まっている様子で、いろんな意味で『悪い気』を追い払うための気分転換が必要だったわけだ。


というわけで、家族風呂のある温泉宿を探した。高い旅館は敷居も高くて落ち着けないので、小市民には小市民らしい宿がふさわしいと考え、【ペンション】をキーワードに検索した。いくつか候補があったが、この季節の房総はハイシーズンなので突然の予約は厳しそうだったが、神は我々を味方して、我々好みのカントリー イン ザ リンクスの予約が取れた。値段的には大人12,000円ぐらいで高すぎず安すぎずニーズにぴったりだったので即決した。

続いてレンタカーの手配で、金曜日の朝には、レンタル希望日時の24時間前を既に回っており、ネットでの予約は拒否されたのでリトル心配したのだが、予約センターに電話したら希望のクラスが希望の日時で予約できた。

金曜日は雨だったので天気が心配されたが、日曜日は雨になるものの、土曜日は晴れになるようで、実は、普段車のない生活の我々にとって、レンタカーをしたときが絶好の買い物日和なわけで、日曜日は新居のための買い物を目論んでいたので、雨は選択肢が狭まって判断が鈍らないのでむしろ喜んだ。

そんなわけで、土曜日の朝は7時に目が覚め(家族は寝ていたが)、ダイエットも兼ねて歩いて稲毛海岸の営業所まで車を借りに行った(45分)。車はホンダのストリームでカーナビが付いており、キーは電子ロックだったので、車種のことはあまりよく分からなかったけど、それだけで満足した(笑)。チャイルドシートは児童用、幼児用、乳児用が既にセットされており、助手席に児童用がセットされているところなど、Bianの満足顔が目に浮かぶようでうれしかった(笑)

本当に久しぶりの運転だし、6人乗りのワゴンなのでちゃんと車を転がせるか心配したが、車幅が広いわけでもなく、乗りやすい車のようで最初の心配もすぐに解消された。車をマンションに付け、家に戻ると、ナナナント連中はまだ寝ていた。多少むっとして皆をたたき起こし、皆が朝食をとっているあいだに、自分は(車とナビの)マニュアルに目を通し、いくつか行きたいと思っている目的地をナビに登録し、旅行中に聴こうと思っていたCDを助手席にセットした。ようやく出発したのが10時ちょっと前。

さあ出発しよう、と縦列駐車からフロントを30センチほど出そうとしたところ、自転車が側面を横切り、リトルびびった。スタート後1メートルも進まないで事故ってしまったらしゃれにならない。用心用心。

というところで本日のお昼休みは終わってしまったので、続きはまた後日。

 Trackback Pings(0)

No trackbacks found.

 Comments(1)

#1: Posted by Namep [RES]

普段が10時起きとかですから・・・(汗)張り切って5時に起きろ!といわれたわけではないけど、ほっとかれるといつものペースで寝てしまいますわ・・・(^_^;)

しかし、hikaruは車に乗れると聞くと金曜の夜から色々と我慢したり頑張ったりしてて、「やっぱり乗り物に乗れるって嬉しいんだなぁ」と思うね。bianは「乗り物=お菓子食べ放題」ってのが魅力なだけで、新幹線やレンタカー自体には多分あんまり興味無いしね~。

突然だったけど各種手配がスムーズに進行して無事に出発できたこと、尽力に感謝しています。私は近頃の「朝から晩まで1人きり子育て」に少々余裕を無くしていて、bianに「今さ、母ちゃんちょっと余裕無いからさ」と各種協力を依頼したら、「うん、知ってる~」とか言われてたし・・・(苦笑)軽く旅行に行けて、かなり気分転換になりました。ありがとう!(^-^)

 Post a Comment

コメント用フィード