子宝どっとこむ

 

 けど

  • May092006
  • Author: Vulcan
  • Categories: 育児

Bianが2歳のころ、「○○けど」という表現が一時期はやった。
NamePが「○○して欲しいんですけど」とBianに何かしてもらいたいときに「けど」をつけることが多かったため、Bianは自分の要求をより強調するために「けど」をつけるようになり、「コチョ(チョコ)チョーダイけど!」「本読んでケド」といったように、ちょっと聞くと「ケロ」に聞こえて笑えてしまう活用の仕方だった。

そして、最近、Hikaruも「けど」を使うようになった。

Hikaru「プラレール片付けてんの?」
Vulcan「うん。もう、今日は片付けて寝ようね」
Hikaru「オレ、プラレールで遊ぶ、ケド」(遠い目)

Bian「Hikaruこっち来て!○○して遊ぶよ!」
Hikaru「オレ、一人で遊んでんだ、ケド」(遠い目)

Bial「Hikaru!○○して!」
Hikaru「オレ、やらん、ケド」(遠い目)

Bian「Hikaru!○○行くよ!」
Hikaru「オレ、いかん、ケド」(遠い目)

という具合に、叶えられない自分の主張をするときに遠い目をしながら「けど」を使う。

Bianが長女だけに人を使う、人に何かやってもらうのが好きで、「けど」も命令、要求等、他動詞に結合していたのに対し、2番目のHikaruは自由人で、自分のペースでやる、一人で遊ぶのが好きのようで、「けど」の使い方も自動詞に結合する。

いつも、姉のBianに言われっぱなし、やられっぱなしのHikaruだけに「けど」の使い方もこんな感じなのだが、以前ならば姉の命令に「はい」とおとなしく従っていただけだったのが、一応抵抗の発言をしてみるところまで成長しており、近いうちに上下のバランスが崩れるかもしれない(笑)

ところで、Hikaruの「けど」もNamePの影響かなぁと思っていたら、今朝、
Vulcan「○○行ってくる」
NameP「え!○○行くの?」
Vulcan「いや、行かんけど(言ってみただけ)」
という会話があり、そう言えば自分はちょっと言ってみただけ、という場合に「けど」を多用していることを思い知った。そして、Hikaruの「やらんけど」「いかんけど」はまさに自分の使い方とそっくりで、自分をまねていることが分かった。
だからどうする、というわけではないケド。

 Trackback Pings(0)

No trackbacks found.

 Comments(2)

#1: Posted by REN [RES]

GWに遊びに行って、全員の力関係(?!)や
各自のものすごい個性を目の当たりにしてきただけに、
むちゃくちゃリアル想像できて面白かった(爆笑)

Hikaruが2歳にして、達者に喋ることにも感心するが
そういえばBianも大変早くに会話が成り立つようになったし、
伯母バカながら、みんな賢いな~と思う。

ということで、ケドの使い方も納得いきすぎて
結局効果的に使ってるのかどうかさえワカランですケロ。。。

#2: Posted by Namep [RES]

久しぶりにPC立ち上げたらネットに繫がらないのでVulPCを拝借していますケロ。(爆)
近頃のhikaruのケロ使いには毎日失笑して付き合っているのですが、bianとの使い方の違いも面白いケド、遠い目をしてケドを最後にくっつけ、己のささやかな主張を試みているところが密かな笑いを誘います。
見上げた根性だと思うのは、先の怖さも知らずにbianの命令に背くことかな~。
風呂場という密室で「hikaru、それはやめてって言ってるでしょ!それ、ねーちゃんイヤなんだよっ!」(←別に何ら危険度が高いわけでもないことをしてるだけで、単なるbianのイジワルな命令)に対して、以前なら「イヤ?やめる?」とおとなしく従っていたのが、最近では「でも~俺、これがやりたいんだけど・・・ねーちゃんイヤなんだったら、やらんでいいけど?」とボソボソと弱めに口ごたえして、結局姉の逆鱗に触れている辺りに少しだけ彼の根性を感じるのです!(笑)

 Post a Comment

コメント用フィード