子宝どっとこむ

 

 私流の離乳食

  • Aug102006
  • Author: NameP
  • Categories: 食育

「3人目ともなると離乳食もいい加減になるでしょ?」といった意見をよく聞きますが、正確に言うと答えは「No」です。3人目にして初めて、「茹でた根菜類をミキサーで砕く→冷凍保存→解凍して与える」という手順を踏んでいます。

bianの時は最初だけおかゆや根菜や鶏肉や卵などを小分けして冷凍保存などしていましたが、彼女はほとんど食べない人(気に入ったものだけをひたすら食べる人)だったので、すぐに「あほくさ!」と言ってやめました。そうめんや海苔巻きばかり食べてたなぁ・・・炭水化物の人でした・・・(遠い目)
その時々に気が向いたら「一口食べる?」と言って、bianが「慎重にパクッ☆→もっかい!→パクッ♪」と行くモノがあれば「おおっ、新しい一歩を踏み出したね!」という感じで、食べられる食品数もなかなか増えず、1歳で辛うじて8kgという体重だっただけに食の細い人でした。よって、あまり「離乳食を一生懸命に作った」という記憶はありません。(^_^;)

hikaruは割りと何でも食べるタイプに見えたので、食べたそうにした6ヶ月くらいから、おかゆを作ったり味噌汁の上澄みを飲ませたりしてました。でも彼は「そっちをよこせーっ!」とおかゆを通り越して私の茶碗の米粒を勝手に食べてる!という人だったので、「丸呑みしとるぞっ!」と言いながら、私達が普通に食べてる皿から少しずつ食べさせる状況でした。骨付き鶏肉をガジガジ齧ってたり、大人用中辛カレーを手掴みで食べてたり・・・(滝汗)確か9ヶ月くらいでロールパンとかフライものとか、皿から勝手に取って食べたりしてたなぁ・・・台所の隅でバナナやみかんを皮ごと齧ってるような状態?(汗)

そして第3子のtamaっちは、hikaruを超えた、めっちゃ食べたがり!です!(爆)
4ヶ月くらいから、人が食べてる口元をジーーーッと見つめてたり、ダラダラとよだれを垂らしてたり、もぐもぐ口が動いてたりして・・・「離乳食を始めるサインってヤツ?でもまだBCGも受けてないしさ~(苦笑)」と先延ばしにしていただけあって、6ヶ月頃から根菜をミキサーで液状化させて食べさせてみたら、毎日「見事に完食!」が続きました★
”最初は小さじ1から・・・”みたいなことやってたら、もうウルサーイ!ってくらいに「もっとくれーっ!」と泣き喚くので、いきなり大さじ1ずつ!だし。卵も”黄身から・・・”とか言えず、「もうコイツは卵焼きから一口食っとけ!」みたいなノリね・・・(あ、やっぱ適当かな?^_^;)スプーンはダミーを1つ渡してあるけどすぐ捨てちゃって、私のフィーディングスプーンをガッシ☆と掴んで自分でガジガジ齧ってるし、結局私がダミーで食べさせてる・・・(>_<) 
7ヶ月半くらいで「1日1食だけど1回に2品目食べる」に進んだけど、めっちゃ食べるし結構アレルギーも平気みた~い!と、生の果物を食べさせたり、8ヶ月目に入った頃にはもうキューピーの瓶詰めBFを1瓶食べたり、自分の手で細切り食パンを上手に食べてたり、赤ちゃんおせんべいを1時間で5枚も食べてたり・・・食べてればご機嫌!みたいな人ですわ~(=_=;)


レシピは売ってるBFを参考にして自分流アレンジをすることもあるけど、「細切りのよく煮込んだうどん」とか「細かいワカメ」を用意することは非常に手間がかかるので、そういうのは市販品で食べてもらって(笑)、私が作るのは「味噌汁潰しがゆ」とか「食パンミルク粥」とか「ヨーグルトシリアル」とか・・・2品目混ざり物かな。あとは、「炭水化物とたんぱく質と野菜をそれぞれ別々に味わって食べてね」と私が咀嚼したものをスプーンで食べさせてたりしています。(もうペンギンかペリカンのおかーさんって感じ?)

豆類が結構ムセるしスプーンの背で潰しにくいから、噛んであげるのが一番簡単。あとは肉も。そんなにミンチばかり用意してられないし子供も面白くないだろうから、バラ肉を噛んでからあげたり、ベーコンを食いちぎってあげたり、揚げ物から衣や脂身を取ったり、かかってしまっているソースやドレッシングを取ってあげたり?
「口遷しは親から虫歯が伝染る!」というのももちろん知ってるけど、3歳になって1人で飴食べてたって虫歯になるんだから、知ったこっちゃ無いね~と食べさせています。基本的に親も「食べてるものが安全であること」が前提なので、子供も一緒のものを食べてるけど平気だろ~1歳過ぎたら外食だってするんだし~って感じです☆(^-^)

私のいい加減離乳食ってどんなん?と言われると、具体的な作り方を示すほどでも無いのですが・・・公開しておきます。(tamaっちは現在、満8ヶ月と少し。1回に食べる量を参考までに記述します)

●玄米フレークなどの糖衣じゃないシリアルを、ヨーグルトや少量の粉ミルクで2~3分ふやかして、スプーンで軽く潰してから、食べさせてあげる。(大さじ5杯くらい食べる)

●ホームベーカリーで作ったバターの入ってないパン(フランスパンなど)の時は、うすーく細切り状態に千切って、手に持てるようにして、自分で好きに食べさせる。(耳以外の6枚切り半分くらいは黙々と食べてる) 
●食パンは、自分の親指の爪くらいの大きさにうすく千切って、吸い取ったらこぼれないくらいの少量の粉ミルクに混ぜてふやかして、スプーンであげる。

●はちみつの入っていない、野菜ジュースをコップで飲ませる。麦茶や水も同様。(そしてガフガフこぼす)

●外食時に食わせろーと喚いたら、氷を噛み砕いて小豆大にして口に入れてあげる。(3個分くらい食べる)

●味噌汁の上澄みと大人の茶碗から取った米粒を小皿で混ぜ、スプーンの裏で潰して2~3分ふやかしておいて、スプーンで食べさせる。(大さじ5杯くらい食べる)

●桃やバナナを小豆大にほじって、スプーンで食べさせる。(1本100gの半分くらい食べる)

●焼き海苔を幅2mm長さ5cmくらいにして持たせる。(指にくっついてイライラしつつ頑張ってしゃぶっている)

●100%果汁のジュースをストローから落として飲ませる。(紙パックから飲んでもらえるように練習中。甘いものだと喜んで吸うようになるので、bianの頃からの常套手段)

●豆腐や玉子焼きのよく焼けているけど焦げてないところを、小さく千切ってスプーンで食べさせる。

●スプーンで潰しにくいor千切りにくい食べ物は、自分で一口分をよく咀嚼しておいて、子の一口分ずつをスプーンに出して食べさせてあげる。
・・・納豆、練り物、脂身の少ない肉、冷凍すると変質する食品(こんにゃくなど)、葉物野菜、枝豆やインゲンなどの豆類は、噛んであげるほうが食べやすくてあげやすくて、総合的に「便利で早い」と思っています。アレルギーさえ無ければ外食時も、味の薄い食べ物を少しずつ噛んで与えてると、子も一緒のものが食べられて喜ぶし経済的でラクなのでオススメです。刺激的な食べ物は頼めなくなるけどね!(^_^)

こーんな、レシピもないような離乳食ですが、tamaっちは割と元気に育っています。(笑)

「めっちゃ頑張って作ったのに~」とか、「せっかく買ってきたのに~もったいなーい!」と思うくらいなら、作る手間隙はあまりかけずに、離乳期には危険な食べ物の知識だけ持っておいて(蕎麦、ハチミツ、かん水、甲殻類とか)、あとは皿から分ける時間ときちんと進めていく愛情だけ掛けてあげれば、「ま、食べたくない時もあるよね」で親の気分もラクなので、自分も体に良いものキッチリ食べておいて、それを子供と分かち合う!ってのが一番理想の離乳食なんじゃないかなぁと思うわけです。

そのうち大きくなると、「えーっ、そんなん食べてるの・・・?」みたいなモノを食べたりするんですから・・・ギトギトした着色料満載みたいなお菓子とか、怪しい露店の食べ物とか?(苦笑)気楽に進めていって、2歳で「自分で割と何でも食べるよね」と言ってあげられれば上出来だと思います♪

余談ですが、2歳を過ぎると「コレイヤダ、アレイヤダ」が始まるので、好きなものばかり欲しがるようになります。(お菓子ばかり食べてご飯はイヤーッ!とか?)それまでに一般的な食材は1回くらい食べさせてあげたいじゃない?・・・その程度の進め方で、子供の飽きないメニューで、やっぱり楽しく食べることが基本かと★(^_^;)

 Trackback Pings(0)

No trackbacks found.

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

コメント用フィード