子宝どっとこむ

 

 正しさなどどこにもない。あるのは信念の強弱ばかり。

世界情勢及び国内情勢は時々刻々と進展しており、誰かの思惑とか、我々の思惑とか、そういった次元で捉えるには無理がありすぎる世の中ですが、これも太古からの習わしでしょう。

勝谷誠彦の××な日々。』を読むにつけ、『きっこの日記』を詠むにつけ、『5号館のつぶやき』を読むにつけ、『つらつら日暮らし』を読むにつけ、『ヒロさん日記』を読むにつけ、『霊界通信・脱新宗教』を読むにつけ、『野良里蔵狸 -norakura-』を読むにつけ、「何が正しいのか」などと考えていると何も分からなくなってしまいます。

日本は憲法9条改正を行なって軍事国家であることを認め、北朝鮮は消滅し、中国が朝鮮半島の北半分を自国領とし、その中国も政権が消滅し、思惑通りのアメリカは911テロが自作自演か否かで内紛が起き、そうこうしているうちに地震と原発事故で日本が人の住める国ではなくなる、そんな未来が「ばかばかしい妄想」と笑っていられなくなってきているというのに、自分も皆もあまりにも無力で、摂理というものの厳しさを改めて感じずにはいられません。

なるようになる。なるようにしかならない。
天命を受け入れ、人事を尽くす。
未来に思いを馳せたいのは山々だが、未来に思いを馳せた途端に偽善となる。
過去を受け入れ、未来を任せ、今を生きる。
他を受け入れ、自分を捨て、最後の一歩までただ歩き続ける。
マンモンの神と歩み寄る道はないのか。


【追記】

時々無性に自分が一体何を目指しているのかが分からなくなります。目指しているものなど幻想であり、そんなものは何も無く、無いことを認めたくないだけかなと思います。

そんな状態で、駄文を日々量産していること、ご訪問いただいた皆様には誠に申し訳ないです。しかし、書くのを止め、自分の世界だけに閉じこもることは簡単ですし、いつでもできます。駄文を晒し続けていくことも修行の一つと思って、続けます。

 Trackback Pings(0)

No trackbacks found.

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

コメント用フィード