子宝どっとこむ

 

 GWの野尻湖は初めて♪

  • May242007
  • Author: NameP
  • Categories: 家族

去年の夏休みから「長期休暇はここで」という定位置をVul母に作っていただき、幸せな休暇を過ごすことが出来るようになった私達。とはいえ信州北部は夏でも涼しいのでGWの新緑の季節に行くと寒いかも?!と長袖にニットに寝袋持参で行って来ました~初めての「初夏の信州」♪

山の中だけど日が差せば想像以上に温かく、「長袖1枚がちょうどいいね」という位。でも山を下って日本海に抜けた日はものすごい好天も手伝ってか「半袖でも暑い」という位。しかしまた山に戻ってみるとやはり夜は暖炉が恋しくなるくらいに冷え込むのでフリースか長袖トレーナーを着ておかねば・・・という位。そして少し見渡せば山桜やレンギョウが咲いていて、ツクシや水芭蕉も存分に楽しめる「山の春」でした。木々は新芽を出して少しずつ緑色になっていく微妙な時期を過ごした4泊5日はとても素晴らしい思い出になりました。
本当にありがとうございます~Vul母様~♪そして子供等とよく触れ合って遊んでくれたVulにも感謝☆もちろん美味しい日本酒2升を用意して、高松から車で走ってきては準備して待っていてくれたVul父にも、イトコ達を連れて春日井から走ってきてくれたVul妹夫にも感謝なのです!!(^-^)

では写真で少し様子をご紹介★

5月1日の朝、のんびりと10時過ぎに出発して、京葉線→新幹線あさま号→信越本線と乗り継いで移動すること5時間余り。さ~そろそろ黒姫駅に着くぞ~新緑の山々が美しいな~と車窓の景色を楽しむ私達夫婦から♪(bian撮影ですが、かなり芝居がかってる?)
DSCF6440.JPG

車でちょっと走ると飯綱高原という場所に着き、駐車場の目の前に水芭蕉の群生地がありました。絶景でした・・・・・・桃源郷を見たような気分で子供等と15分ほどの板道散歩を楽しみましたよ♪無料だし1周は20分程でお手軽だし、素晴らしい時間を過ごしました・・・・・・(ぽわ~ん♪)
DSCF6450.JPG

「おもしろ自転車」を楽しむ、イトコを含めた5人の子供達。突然の雷雨で中断されたけどスグに止んだから良かったわ♪ふわふわ(人形型トランポリンドーム)もサービスで使わせてもらい、体を使ったらVul母が作っておいてくれたお弁当を軽く食べて、近所の大山桜を見に行こう!
DSCF6460.JPG
DSCF6462.JPG


標識に乗っている位だからそろそろかな?と思いつつ車を走らせていたけれど、見えた瞬間、ものすごい大きさに思わず叫んでしまった山桜。画家や写真家が訪れるくらいに見事な大きさで、絶好に満開の日に恵まれました。
DSCF6472.JPG


山桜は見事だけど、子供等には足元に生えるツクシやタンポポの方が嬉しかったかな~(苦笑)
DSCF6475.JPG
DSCF6483.JPG

暖炉の前で昼間は子供等がUNOを、夜には大人を交えてマージャンを楽しんでいたり。TVが無いから自然と大人同士もよく喋るし、5歳児がルールを覚えて3歳児を牽引するのでカードゲームやボードゲームが子供等の遊びとなり、飽きたら二段ベッドで5人で暴れていたりします。マージャンは周囲への騒音も気にしない環境なので最適かも!(笑)
暖炉はちょっと危険か?と初日に思ったtamaっちも「あちちだよ!」と言うと判ったらしく、特に入ったりはせず、眺めるだけで大人しく遊んでいました。(薪をくべているのを真似したのか風船を入れて破裂させてしまったけど・・・あとは火バサミを持って燃えている火を突付いてたり?滝汗)
朝から食べて遊んでの時間ばかりなので、一日が長くて楽しい♪
DSCF6503.JPG
DSCF6495.JPG
DSCF6448.JPG

昼にBBQをしよう!という前に・・・テラスで喫煙組が一服の図。男性も朝から洗濯を干したり、鋸を引いて薪を作ったり、倉庫を整理したりして、休日とはいえよく働きます。tamaっちは気がつけばドアから裸足のままで枯葉の道をサクサク歩いて行ってて、誰かが見ておかなきゃ、やっぱりちょっと危険かも?(崖から落ちても泣かないかもしれんが・・・笑)
DSCF6512.JPG
DSCF6513.JPG
DSCF6517.JPG

私の誕生日である5月4日にはワガママを言ってドライブに出てもらい、久しぶりの日本海を見せてもらいました。3歳と5歳の4人は砂浜で裸になって遊び(bianはもうやめようよね・・・涙)、お腹が空いたら回転寿司を食べて、そりゃぁもう子供等は大喜び!でした。(かっぱ寿司って全国チェーンなんだけど、日本海で食べるとネタも新鮮だったりして?!爆)
私も腕時計の跡が付く位に腕が焼けてしまったけど、たまたまとても暑い日だったので波打ち際で遊ぶ子供達が見れて大変満足でした。bianが釣り人の捨てたフグを恐る恐る掴んで海に返してあげてたり、波をイヤがってたhikaruが最後は流木で遊んで楽しそうだったり。イトコのG君とS君ともキャッキャ言って仲良く全力で遊んでいたので、帰りの車ではグーグー寝ていました。幸せな子供達だ・・・♪
DSCF6520.JPG
DSCF6535.JPG
DSCF6543.JPG

4日の夜は少し疲れてたけど、夜は大人だけで日本酒やワインを飲み干しながら2時ごろまでなんやかやと喋っていて、学生時代の飲み会みたいで・・・それはまた普段味わえない時間で、楽しかった!5日は朝から全員で掃除と片付けをし、昼には駅前で戸隠そばを食べて解散になりました。
私としては毎回訪れる度に、帰る直前に表札前で全員で写真が撮りたい・・・と勝手に考えているので毎度の構図なのですが。大人は徐々に年を重ね、子供がどんどん増えたり大きくなったりする様子が判り易いだろうなぁと楽しみにしているので、「写真撮りましょう!」と言っておいて、ガッチリ撮ってもらいます。(我が家のデジカメには私がほとんど映らないし~^_^;)
DSCF6551.JPG


今回、楽しみに来るはずだったVul妹が急遽来れなくなったことで春日井からは3人の参加となったけど、パパ1人で男児2人を連れて長距離を走ってきてくれて本当にありがとう&お疲れ様でした♪Vul両親も一番遠くから車に大荷物を積んで走ってきて、最初の準備から最後の片付けまでを担当して頂くので、本当にいつも元気で居てくれて何より!と健在への感謝の気持ちが尽きません。

山小屋というのは「暮らす場所が変わるだけ」で、基本的に全部自炊で、洗濯も風呂も自宅より色々と不便になる位なんだけど・・・(よく友達にも「折角の休暇なのに・・・そんなの余計にしんどくない?!」と言われますが★)その「不便なりの楽しみ」があることで工夫する努力をするし、土がすぐソコ!という暮らしは日常的に出来ないので、本当に嬉しいです。しかも今の私は3人子連れだから、周囲に気遣うホテル暮らしよりも気軽で大好きだし、山小屋もレンタルじゃなく所有ということで私物が持ち込めるし勝手が判るし・・・「いつも、ココ。」というセカンドハウスという位置付けがとんでもなく幸せです。

子供が小さい内だからこそ休暇を大切にしているし、大家族で過ごす時間が長いことは誰にとっても色々と良い刺激になるし、大勢が集まれて寝食がともに出来る時間というのは、何よりの財産です。大人同士ももちろん、子供がどんどん成長していく時期をこそ、お互いに理解と絆を深め、疎遠にならない一家が作れますように・・・。

今回初めて初夏の信州が過ごせたことで、去年の夏や初秋との季節の違いも感じ、野尻湖の魅力もますます深まりました。う~む、こうなると紅葉の季節にも行ってみたいな~(*^o^*)

 Trackback Pings(1)

from cacchao.net

こんなものもありますよ。ぜひお越しください!

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

コメント用フィード