子宝どっとこむ

 

 がんすけ2の紹介

gansuke2.gif

ガントチャートは米国のヘンリー・ガント氏が考案した工程管理の手法で、がんすけ2はガントチャートをもって工程・スケジュールを管理しようとするシェアウェアソフト(2,000円)です。フリーウェアのがんすけでもほぼ同等の機能がありますので、とりあえず試してみたい場合はフリーウェアを使ってみるのもよいと思います。

開発者様のサイトでも機能の簡単な説明があります。私なりに特筆すべき機能を整理してみますと、



  • いつからいつまでにやるのかを帯で視覚的に示せる

  • それぞれの工程にかかる工数を記録できる

  • 工程の前後関係を矢印で示せる

  • グループ(担当者)ごとに色分けできる

  • 完了したかどうかが色で分かる

  • 予定工期に対する実績工期のずれが表現できる

  • 予定工数に対する実績工数の差異が表現できる

  • ToDoリストとしても利用できる

  • データがxml形式なのでExcelとかでも活用できる

  • 祝日が把握されている

などが挙げられるかと思います。

使い方は直感的に分かる部分も多いですが、簡単な操作手順が開発者様より提供されています。また、FAQも用意されています。

ToDoリストの機能ですが、毎日がんすけ2を開く習慣をつけておけば、本日完了すべきタスクが何かが一覧で示されます。毎日チェックするのが大変ならば、週1回、対象期間を1週間に変更させ、今週終わらなければならないタスクが何か、今週着手し始めなければならないタスクが何かを確認することができます。

Excelでデータを再利用することができますので、実績工数を何らかの集計に活用することが考えられますが、今のところうまい活用方法が思いついておりません。

グループで色分けができ、データファイルはどこにおいても構いませんので、共有サーバーにデータファイルを保存し、グループでスケジュールを共有するのがよいと思います。

がんすけ2の紹介記事

 Trackback Pings(0)

No trackbacks found.

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

コメント用フィード