子宝どっとこむ

 

 がんすけ2の右クリック機能

項目の並び替え

作った項目の表示順序を変えたい場合、ドラッグしようとしても動きませんので右クリックで移動させます。

「項目の並び替え」で開始日順などでソートすることができますが、細かく順序を変えたい場合は、「項目を移動」で行います。サブ項目の場合は「サブ項目を一段上へ移動」というのがありますので、下から動かしたいところまで動かします。

項目の縦幅調整

1ページに収めるために項目の縦幅を調整したいときや、イベントとチャートを同時表示させるために項目の縦幅を長くしたいときは、項目名上で右クリックし、「項目の縦幅設定」を行います。

このとき「全項目を変更」のチェックボックスにチェックを入れて実行すると全項目の縦幅が統一されます。

チャート同士のリンク線を引いて前後関係を示す

ある工程を終わらないとはじめられない工程がある場合など、前工程・後工程を明示的にするためにリンク線を引いた方がよい場合があります。

この場合は、チャート上で右クリックし、「別のチャートとリンク線で結ぶ」を選択します。

ちなみに、オプション設定の「チャート」-「外観」にて、リンク線を直角線にするか斜め線にするかが選べます。

複数のチャートを同時選択

チャート上で右クリックし、「同じグループのチャートを全て選択」を行うことで、あるグループ(担当者)の色やフォントを一時に変更したり、5日だけ統一的に動かしたりすることができます(グループ化した状態で、再度右クリックして「日数を指定してチャートを移動」)。

チャート上で右クリックし、「項目内のチャートを全て選択」を行うことで、一つの項目をグループ化することができます。優先順位が下がったので、他の項目が終わるまで全体的にスケジュールを後ろに倒すときなどに役立つと思います。

右クリックではありませんが、「ctrlキー」を押しながらチャートを次々に選択するとグループ化できます。任意の複数のチャートを同時に変更したい場合には「ctrlキー」を押すようにすると良いでしょう。

更に、「Altキー」を押しながら任意のチャートを動かすと、同じグループのチャートが引きずられて動きます。チャートを移動させることが目的ならば、前述の、「同じグループのチャートを全て選択」の方法でチャートを動かすよりも高速に処理できます。

ついでに、「ctrlキー」と「Altキー」を同時に押しながら任意のチャートを動かすと、全部のチャートが移動できます。これも知っておいた方がいい知識でしょう。

チャート繰り返し作成

変り種としては、「チャート繰り返し作成」という機能があります。チャートを作ったとき、それが毎月発生するものであったり毎週発生するものであったときには「チャート繰り返し作成」を行うと便利かもしれません。

がんすけを工程管理というよりもスケジュール管理に重きを置く場合には繰返し作業を入力するときに役に立つでしょう。


残念ながら、グループ化して「チャート繰り返し作成」を行っても繰り返されるのは一つだけです。

ファイルの関連付け

潜在能力の高い機能としては「ファイルの関連付け」があります。ハイパーリンクを設定したり、ファイルへのリンクを確立することができます。

ある作業に関連の強いファイルや、参照すべきURLがある場合、「ファイルの関連付け」が大いに役に立つでしょう。「ファイルの関連付け」が奏功しだすと、がんすけが無くてはならない基幹ソフトになりえる可能性があります。

 Trackback Pings(0)

No trackbacks found.

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

コメント用フィード