子宝どっとこむ

 

 4月からは新生活☆

  • Jun052010
  • Author: Vulcan

春休みにはVul厄除け祈願もあったので週末のとんぼ返りで神戸へ行ってて、妹のKさんと毎日遊んだり、姉のRさんの息子とカワサキ博物館で遊んだりしてましたが、帰路にNamep母・バァバを乗せて来て、入園・入学に備えて5日ほど留守番や家事などを手伝ってもらうことになっていました。

まぁ子供達はよく遊んでくれるKさんが好きだし、

P4030484.JPG

イトコのT坊にも世話焼いてよく遊んでくれるし、楽しい2日間でしたよheart01

P4040574.JPG

「ついに3人が社会に出てしまいます・・・どーなることやらbearing」と、私は春休みの間ずっと口癖のように言い続けていましたが、なんとか子供達は新しい生活に慣れていきましたshineだって去年の春休みに引越してきてから、この1年間で変化した色~んなことに皆で協力しながら慣れてきたもんねsign01進級・入学・入園・家庭に一人残される、など、それぞれ毎日の生活に変化がありますが、己の「環境適応能力」で乗り切ってもらえるのが一番素晴らしいことです・・・それぞ、私が育児上で最も大切にしている「生きる力」ですから~happy01 

とはいえ、変化に一番弱いのが第一子・bianですが(苦笑)、3年生になったクラス変え発表の日に仲良しASKちゃんと別組であることが判明し(2クラスしか無いのにね・・・仲良し過ぎると分けられるのが宿命だよ~coldsweats01)、始業式当日はこの世の終わりみたいな顔をしてかえってきたけど、「やっぱり毎日ウチで遊べるし~今までとあんま変わらんし~happy02(←コレdanger最近の口癖sweat02○●だし~が全員に伝染ってきたし~shock)」と、すぐに「あ、大して変わらないわbleah」と精神的に落ち着いてくれたので助かりました・・・私は「ASKママはシュガーさんになってくれたんだし(あsweat01)、母同士が仲良しだから大丈夫だってcatfacegood」と言い続けてましたから・・・良かったわ~coldsweats01 

我が家の一粒種・hikaruの入学式はバァバのお陰で2人きりの半日を堪能できたしねheart01 

P4060577.JPGhikaruは新一年生で文房具を始めとして色んな自分専用グッズ(各種ポケモンsad)が手に入り、お友達も増えるし給食が始まるし、bianと一緒に分団登校が出来るという事で、非常に張り切っていたし、実際6月に入った現在も、「朝に行きたくないとグズる」「イヤなことがあったと泣いて帰ってくる」などという一般的に母を心配させるようなこともなく、自分で一生懸命に宿題をしたり、トワイライト(放課後教室)に楽しく遊びに行ったり、夕方には時間割を揃えて大きな忘れ物をしなかったりして、頼もしい限りです・・・私自身も学校の雰囲気や小学生の扱いに慣れてきてるから失敗しなくなってるのかなっscissorshappy01

tamaっちは近所の自主保育サークルに入れることにしたので、毎日半そで半ズボンに草履で、弁当・水筒と着替えの入った登山リュックを背負って、公園や集会所で遊びまくる日々ですwink

P4090594.JPGとりあえず今年は年長9名・年中3名・年少6名の状態でスタートした幼稚園なのですcherryblossom母の手作り・保育参加・子供自身の様々な自然体験を大切にしてくれるし、1週間の大半が年長+年中の12名に保育士2名+母手伝い1~2名か、年少までの3学年合同で保育士3名+母手伝い2~3名という、密度の高い大人の目eyeがある中で遊んでいますhappy02

人数が少ない分お友達の名前もすぐ覚えられるし、よく見てもらえてると困っている時に助けてもらえるという安心感があるし・・・毎日ヒザに怪我したりお土産持って帰ってきたりで、すっかり日焼けして楽しそうに通っていますheart04

P4140608.JPG入園して4日目には、いきなりタケノコ堀だったし~happy02(あ、またsweat01

もちろん園舎も園バスも給食も無いから、毎日弁当持たせてどこかに送迎して~の繰り返しですが、毎日会うから母同士は親密になるし、弟妹同士も送迎時に公園で遊んでいるから仲良くなってくるし、多少の「お迎え間に合わない!」などの都合はお互い様でフォローしあえるしで、私にとっても非常に頼もしい預け場所であり、行くのが楽しい場所ですhappy02  

私の中でかなり野生動物のようなtamaっちでしたが、野生的な幼稚園に入れてみてもその中で既に3年以上のキャリアを持つ子達にアッサリ入り込み追い越す勢いがある位の、やはり野性的なキャラだったらしく・・・もう20年くらい色んな子供達を見てきた先生にまで「ホントtamaっちはやってくれるよね~happy02good」と日々ウケてます・・・scissorsbleah

年中からポイッと入ってきて付いてこれるかなぁsign02と心配されていたらしいけど、山に行って崖でも登れる年長さん達の前を草履でスタスタ歩いて、5m位あるクワの木のテッペンまでヒョイヒョイ登って皆にバケツ一杯実を取ってくれたり、公園の噴水でいきなり素っ裸になって飛び込んで一番長く遊んでいたりして・・・ね・・・coldsweats02  

DCF_0002.JPG そして、どうしても取り残された感のあるkyoro子ですが・・・coldsweats01 平日の昼間はウチでほったらかされて多少クサっていても、なんだか一人で歌っていたりゴキゲンで遊んでいたりしてますわ・・・despair

P6010103.JPGのサムネール画像 でも、毎日のようにtamaっちの送迎時30分ずつ位は公園で遊べるし、14~16時に続々と帰宅&遊びに来る小学生が「ねぇねぇ、kyoro子であそぼ~ぅnote」(kyoro子と遊ぶ、じゃない所が良いsmile)と遊んでくれるし、bianが小学校で入った週末ドッヂボールクラブや太鼓サークルにVulと付いていったり、各種イベントに一緒に行ったりして、常に引っ付き虫状態でもどこでも逞しく遊んでいて、なんだか楽しそうですnote

P4180669.JPG とはいえ、彼女自身の楽しいイベントpresentは全く無いので、4月末にタイから無事に帰ってきたVul両親と一緒に2泊3日で同期イトコBob君宅(Vul弟邸)に遊びに行かせたら、お泊りグッズを突っ込んだバックパック風bianの幼稚園リュックを背負って「コレ、kyoro子のランドセルだよsign03」とめーっちゃ張り切って「行ってきまーしゅpaper」でした・・・泣きもせず帰宅したし、手の掛からないヤツだよ、ホント・・・coldsweats02   

P4270683.JPGそしてもちろんGWは野尻湖ですup 私もニンプー8ヶ月だからと自宅で大人し~く過ごしている人じゃないし(あsweat01)、そもそも4月は子供の新生活や送迎に合わせて毎日時間に追われて振り回されまくりだったから、GWは時間を気にせずのんびり遊びたいよ~cryingという気分だったし~(また出たsign01

P5020688.JPG子供も頑張っているけど新環境に少しストレスを感じているかもしれないし、タイ帰国から同居しているVul両親と5連休を楽しんで、またしばしのお別れまで楽しんでもらえたら・・・ねlovely 

P5030698.JPG今年は山によく雪が残っていて、片道千円の中央道は余り渋滞もしてなくて、現地では好天に恵まれて洗濯や片付けも捗って・・・いいこと沢山の春の山でしたhappy01 子供は農協で買った高級さくらんぼにかなり大興奮ーっdelicious   

P5020693.JPG P5040731.JPG私も無事に36歳になれたし、Vul両親とは愛知県で同居する話も着々と進んでいるし、家族が仲良く元気で平和な暮らしが出来ることに感謝している次第なのですconfident 

あ、そうそう、Vulも40歳になりましたよbirthday 入学式に入園式にVulの昇進祝いに40歳バースデーにと、4月6~9日は何かと盛りだくさん過ぎて、バァバが居ても帰っても、私はアワアワしてましたよcoldsweats02

P4090599.JPGそして私は5月に入って少し落ち着いたら、シュガーパーティも復活したし、毎日のように小学生が4~5人集まる我が家でオヤツ食べさせてたり、小学生数名と下の子2人とを引き連れて、臨月でも天白公園で子供とメダカやザリガニ捕まえたり秘密基地作ったりして、遊んでるのですbleah 

P5270002.JPG そんなこんなの春でしたが、小学校の運動会も晴天の中で無事に終わって、

P5290021.JPG P5290044.JPGいよいよ6月に入ると、5人目誕生が近付いてきてまして・・・note 

ついに7人家族になるにあたって、Vul両親が高松から家事育児の手伝いに来てくれたり、神戸からNamep母が大学生として忙しい中を2~3週間来てくれたりと、実家の親が元気で居てくれることに感謝しつつも、「朝の6時から夜中まで、働き続けている私の代理が完全に出来る一人の人間は、他に居ないんだ~punch」と実感しますbearing 

縁起でもない話だけどね・・・本当にそういう境遇の方々もいらっしゃると思うので、健康で平凡で幸せな毎日に感謝しておりますheart01が。体調を崩して入院や手術やと私が倒れているヒマはないし、よもや突然死んでも絶対死にきれないほどに重い自分の存在が、いろんな意味で有難いのも、また事実であって・・・36年生きてきてどんどん成長する自分が大好きです・・・weep(一人で感動shine

誰かから必要とされている、誰かの役に立っている、という強い実感が無いと、食べて寝て生きている意味すら無いとすら思う私(座右の銘は「働かざる者食うべからず」ですからbleah)は、これからも家族のために、大切な人たちのために、己を限界まで役立てて充実した時間を積み重ねた大切な日々を、貴重な人生の歩みとして、60歳で死んでも「己の人生に悔い無し」と心から言えるほど満足した生き方をしていたいのですconfident 

もちろん90歳までめちゃめちゃ元気で、孫の結婚式に出られたら幸せだとは思いますけどね~smile

ちなみに、「ねね、Namepさんって、一体いつ寝てるの?」と聞かれる私の一日を、次の投稿で発表してみようかな・・・7人家族になったら更に仕事が増えるんだけどね~ぇ・・・catface  

 Trackback Pings(0)

No trackbacks found.

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

コメント用フィード